FX 確定申告

FX 税金

昨年、個人事業主&青色申告届を税務署に提出し開業。

海外FX取引が確定申告でどう扱われるか、また初めての確定申告でわかった重要なことをまとめます。
(税務署で聞いて参りました)

 

ポイントは2つ

1.FX取引を事業としての申告はできず。しかし海外FX業者を国内FXと同じ扱いで損失繰越ができた。(解説へ)

2.個人事業の赤字は、節税どころか大金が税金還付!されました。(ぜひ読んでいただきたい)

FX 確定申告

FXを事業と認めてもらおうと思いましたがだめでした。が、税務署では「海外FX業者との区別はなく国内FX業者と同じように申告できますよ。損失ですか?先物取引として損失繰越もできますよ(担当者)」との回答に驚きました。

海外FX業者をこちらの理由で使っており、損失繰越や他の損失との合算はできないものと思ってました。ところが国内FXと同様に「先物取引に係る雑所得等」として扱われるとのこと。
※各地の税務署によって多少解釈が違うかもですが、担当官が分厚い本で確認されていたので問題ないかと。

よって、以下の雑損失は暗号資産のみ海外FXの損失は含めませんでした。
(税務署で作成して、担当官に確認頂いてます)

個人事業主 節税

あまりにも衝撃的だったのがこちら。

初年度は当然ながら赤字でしたが、サラリーマン兼業個人事業主は「節税」できるんです。正直驚きました↓

 

サラリーマンの給与取得で支払った税金が、個人事業での赤字によって還付される形でした。その額なんと21万円!
※ふるさと納税や医療費控除など含めており個人差がありますので必ずではありません。

もともとの私の確定申告の目的は「事業損失による損失繰越」だったのですが、ネットでも調査した結果サラリーマン単体の損失繰越はかなり厳しいようです。

例)雑損失400万、給与所得500万=100万の利益。

上記の例は合計で損失にならず損失繰越できません。

私は個人事業主に昨年登録し、税金還付されたので確定申告はたいへんな意味がありました。

さてどんな確定申告だったのかを、ご紹介しますね。

確定申告

以下は私の事業内容に基づいて行った確定申告内容です。

対象)

暗号資産 (損失 7万)
海外FX業者 (損失 40万)
商品売買 (利益  4万)
国内株取引 (損失 24万)
海外株式配当 (利益  1万)
ふるさと納税 (寄付 13万)

(端数切捨て)

やよいの青色申告ソフト(初年度無料)を利用してます。スクショで説明を追加して参ります。

こちら(link)のページで詳しくご紹介します!

まとめ

FXでの損益は、個人事業の事業には含めることはできませんが、海外・国内FX業者とまぜて先物取引として損失繰越可能

サラリーマンとの兼業個人事業で赤字の場合は、税金還付が受けられたので確定申告をすることを強くおすすめします。

 

2月後半から3月15日までは税務署も激込みで、なかなか担当官とじっくり話すことは難しい時期です。個別に税理士の方に直接相談できれば焦らずじっくり理解できますね。今更ですが私も時間=お金と考えれば税理士さんにお任せする方がよかったかもと少し後悔してます。(めちゃくちゃ時間かかった、、、)

↓5000円分のAmazonギフト券付きだそうです

税理士ドットコム

コメント